Bottan


出来高ゼロのロウソク足を含むデータの提供を開始します

◆ 出来高ゼロのロウソク足を含むデータの提供を2017年4/28より開始します。

出来高ゼロのロウソク足を採用する理由、
・短い時間のロウソク足の表示(例えば1分足、5分足など)において、ロウソク足が1本でも抜けていると、
「時間の感覚」を「正しく認識」できない。
・5分足、10分足などをcsv出力し、そのデータを用いて、より正確な分析を行いたい。

◆ 当面の間、従来の「出来高ゼロのロウソク足を含まないデータ」もデータ更新を行います。

◆ ドリームチャートは、「出来高ゼロのロウソク足を含まないデータ」を提供していましたが、今後は「出来高セロを含むデータ」を標準のデータフォーマットとして採用させていただきます。

◆ ユーザー様のアプリには、従来の「出来高ゼロを含まないデータ」がはいっています。その状態で今回の「出来高ゼロのデータを含む」「2017年のデータ」で上書きしても(出来高ゼロのデータを「含むデータ」が混在しても)特に問題はございません。
ただ、データのサポートの関係もありますので、次の4つの「出来高ゼロを含むデータ」を、全てをダウンロードして、ドリームチャートの「メニュー」→「ファイル」→「株価データデータファイルの登録追加削除」→「登録削除」のメニューより、データファイルをデータの「古い順番」に「追加」して頂きたく存じます。

4つのファイル(日時の古いデータから順番に「追加」すること)
①.「1999年3月~2010年12月分」
②.「2011年1月~2014年12月分」
③.「2015年1月~2016年12月分」
④.「2017年1月~12月分」

以上よろしくお願いいたします。