Bottan


8.各情報-保存/呼出

ドリームチャートはユーザーが設定した情報を、ディスクトップ情報ファイルとして保存および、呼出しを行うことができます。

保存と呼び出しができる項目は、各チャートウインドに設定されている、テクニカル指数、そのパラメータ、コントロールパネル上の再生時間、倍速、早戻し/早送り時間、データウインドの読み込んでいる情報、各ウインドのディスクトップ上での位置などです。

パラメータが異なる条件等を、ユーザー様の好みによって保存/呼出しが自由にできます。

 

1.ディスクトップ情報の保存

下図の様な状態を保存する場合の手順を示します。

31

ファイル(F)⇒「ディスクトップ情報の保存と呼び出し」を選択します。

1

 

以下が表示がされるので、「保存」をクリックします。

2

 

以下の「名前を付けて保存」という画面が表示されます。

ここで、「ディスクトップ」(1をクリックして)に移動して、「新しいフォルダー」をクリック(2をクリック)してください。

3

 

 

すると、「新しいフォルダー」というフォルダーが作成されます。このままの名前では、よくわからないので、そのフォルダー名変更しましょう。

4

 

新しいフォルダー」の名前の部分をクリックしてください。

4-1-1

 

ドリームチャート設定フォルダ」と入力して、フォルダー名を変更します。

4-1

下図のように「ドリームチャート設定フォルダ」が「ディスクトップ」の中に作成されました。ここで、更に「ドリームチャート設定フォルダ」をクリックして、「ドリームチャート設定フォルダ」の中に入ります。

4-2

 

こんどは、適当なファイル名(ここでは設定1)を入力し、保存ボタンをクリックします。

5

これで、ドリームチャートのディスクトップ情報のを、「設定1.dini」というファイル名で保存ができました。

他の条件など追加/変更した場合には、解りやすい名前に変えて保存するようにしましょう。

 


 

2.ディスクトップ情報の呼出し

保存しておいた、ドリームチャートのディスクトップ情報の呼び出し手順を以下に示します。コントロールパネルのファイル(F)メニュー⇒「ディスクトップ情報の保存と呼出し機能」をクリックします。

1

 

以下の画面が表示されるので、「呼出し」ボタンをクリックします。

11

「開く」画面が表示されます。そこで、あらかじめ、ユーザーが保存しておいたフォルダーに移動します。(下の例では「ディスクトップ」の下に「ドリームチャート設定フォルダ」が存在しているものとします)

左側のメニューの「ディスクトップ」を選択して下さい。

12

 

ドリームチャート設定フォルダ」をクリックしてください。

13

 

「ドリームチャート設定フォルダ」の中に、先に保存した「設定1.dini」ファイルが存在しています。

14

 

設定1.dini」をクリックして、「開く(O)」ボタンをクリックします。

15

 

先に「ディスクトップ情報」の保存をした時の状態になります。

31

 


 

メモ. ドリームチャートは、アプリケーションを終了するとき、終了時の状態を保存します。また、次にドリームチャートを立ち上げた時、先に終了したときの状態を復元します。

 

btn_A_tugi

 

Home