朝の先物データファイルの作成手順

現在当サイトでは、225先物データファイルを平日の15:15以降(6:00頃)に
を更新しています。データファイルを更新するタイミングが一日に1回なので、
夜間取引分翌朝 5:30までのデータ)を各自で取り込む場合手順を説明します。

ドリームチャートがサポートする先物のデータは、1分のロウソク足です。
(詳細なフォーマットに関してはヘルプページを参照してください)

先物データは大阪取引所、証券会社の提供するサイト等にありますが、
特に、マネックス証券マネックストレーダーというソフトから1分足から取得する場合を説明します。


a.専用のデータ変換ソフトを使用する場合( Asa1ban-DataHenkanV1_3_x を使う場合)

■■ データ変換ソフトを使用する場合の注意 ■■
①.チャート画面ロウソク足だけ表示させること(他の指標表示される時削除する)。
②.1分足本数は必ず「5000」と入力すること。
③.マネックストレーダーで「CSVファイルを出力」するときに、
エクセル勝手立ち上がる時があります。
この場合、エクセル余計な操作しないで、すぐに終了さすること。
(不要なセル変換が行われることがあるため 「ファイルの保存『しない』」  )

 

—マネックストレーダーを立ち上げた後のの手順を示します—
・チャート表示のメニューから、「指数先物OPチャート」を開く。

・チャート画面の上方、銘柄の欄で「先物」「日経225」「つなぎ足」を選択する。
・チャート画面の上方、足 の欄で「」「」「5000」と入力して、適応ボタンをクリックする。

先物の画面に1分足チャート表示されます。

 

チャート画面をマウスで右クリックして、「CSVデータ出力」を選択する。
出力先フォルダーを選び、適当ファイル名を付けて保存する。

下のは、ファイル名Z-TUNAGI_N225L.CSV 」 という名前で保存しています。

 

次の、データ変換ソフト( Asa1ban-DataHenkanV1_3_x ) を会員ページよりダウンロードして適当なフォルダーにダウンロードしておいてください。

 

■■ 注意 ■■
上記のアプリを、Googleクロームブラウザにおいてダウンロードするときに、
一般的にダウンロードされているファイルではなく、危害を及ぼす可能性があります」と
警告表示される場合があります。

その時は、下図の様に「下矢印」をクリックして、「継続(K)」を選択してダウンロードをお続けください。

(上記の警告は、実行可能なソフトウエアダウンロード回数少ない時に、グーグルクロームから警告が出力されるようです)

 

下の、例ではで、ディスクトップにデータ変換ソフトを置きました。

先にマネックストレーダーを用いて保存したCSVファイル(例では「Z-TUNAGI_N225L.CSV」)を、

データ変換ソフトに、ドラッグアンドドロップしてください。

 

実行が終わると、指定したCSVファイルと同じフォルダーに 「 Asa1- ・・・ 」というファイルが出来上がります。

例では、「Asa1-Z-TUNAGI_N225L.CSV」 というファイルが出来上がります。

このファイルは、ドリームチャートデータ形式変換されているので、ドリームチャートにデータ追加することができます

*.このアプリで作られるデータは前日16:30から直近までのデータです。

例えば、次の様にデータを取得した時間によって、このアプリで変換後抽出される期間は異なります。

7時データを取得した場合、 前日 16:30 ~当日 5:30 です。
12時データ取得した場合は、 前日 16:30 ~当日 12:00 です。
15時20分データ取得した場合は、 前日 16:30 ~当日 15:15 です。

 

 


b.エクセルを用いてデータを作成する場合

・あらかじめ、エクセルが使用できるようにインストールしておきます。
・マネックス証券のホームページよりマネックストレーダーを使用できるようにします。
(申し込みを行い、マネックストレーダーをパソコンにあらかじめインストールします)

—マネックストレーダーを立ち上げた後のの手順を示します—
・チャート表示のメニューから、「指数先物OPチャート」を開く。

・チャート画面の上方、銘柄の欄で「先物」「日経225」「つなぎ足」を選択する。
・チャート画面の上方、足 の欄で「」「」「5000」と入力して、適応ボタンをクリックする。

(先物の画面に1分足のチャートが表示されます)
チャート画面をマウスで右クリックして、「CSV形式で保存」を選択する。
出力先フォルダーを選び、適当なファイル名を付けて保存する。

・保存したCSVをエクセルで開きます。
(この時、マネックストレーダーの設定によっては自動的にエクセルが起動して、
ファイルが開く場合もあります)

・A列のセルの幅が短いので、A列の幅を適当に長くする。


(マネックストレーダーからCSVで保存した場合、データ日時順番が上が直近のデータで、
ファイルの下に行くほど過去のデータになっています。
このデータドリームチャートのデータファイルの順番になっています)
日付と時間でデータを昇順で並べ替えます。(ドリームチャートのデータ順にする)
A列からH列までをマウス選択します。
・メニューの「データ」タブ選択、「並び替え」ボタンをクリックします。


・並べ替えメニューが表示されるので、優先されるキーA列昇順として、更に、
レベルの追加」を行い、次に優先されるキーに、B列、昇順として
OKボタンをクリックします。


追加する分のロウソク足だけ残して、必要のないデータを削除する。
上記の図では、2017/2/23 15:16 より以前のデータを削除するために、
不要部分を選択している状態です。
選択した不要部分については、右クリックして削除」を選択してください。

 

引けの1本値(*1)の(5:36)時刻(5:36)を、一つ前1分足時刻(5:30)に変更する


・修正がおわったら、”前日ナイト取引16:30~05:30.csv“と名前を付けてファイルを保存します。

・ドリームチャートを起動して、上記で保存したデータファイル

前日ナイト取引16:30~05:30.csv

ファイルメニューの「銘柄の登録削除」を開いて、データの「追加」処理を行ってください。

この操作により、前日16:30から朝5:30までデータがドリームチャートに追加されます。

(*1).一本値:4本値(寄付き、高値、安値、終値)が同じ値段のローソク足のこと。
引けのクロージングオークションの足が、一本値になります。
(*2).マネックストレーダで取得した1分足のデータは、引けの足が「15:16」と「5:31」となっています。
ドリームチャートの1分足のデータフォーマットは基本的に「15:16」の足は「15:15」の足に、
「5:31」の足は「5:30」の足に、それぞれ統合しています。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存